嘘だまり

のびやかに(ハナミズキの花)

2020年05月08日
自然・風景 2

のびやかに
花水木
色も鮮やか
のびやかに

南砺市城端にて 素姓乱雑

ハナミズキが青空の下でのびやかに花(総苞片)を広げます。過ごしやすい季節になりました。

今回はハナミズキが花開く前から撮ってみました。そして、肝心の花を撮ろうと思って出かけたところ、その場所は立ち入り禁止となっていて……。

実が実った時の様子は雪吊りを背景に(ハナミズキの実)をご覧ください。


中心にまだ咲いていない花序(実際の花)が見える  南砺市高瀬遺跡にて

SC_6132.jpg
Ranzou 2020/04/16
  

わずかに色づきはじめた総苞片 南砺市高瀬遺跡にて

SC_6249.jpg
Ranzou 2020/04/25
 

開花  南砺市城端にて

SC_6368.jpg
Ranzou 2020/05/03
 
SC_6377.jpg
Ranzou 2020/05/03
 
SC_6378.jpg
Ranzou 2020/05/03
 

別の場所で    南砺市井ノ口にて

SC_6324.jpg
Ranzou 2020/05/02
 

ハナミズキの白い花  南砺市井ノ口にて

SC_6319.jpg
Ranzou 2020/05/02
 
関連記事
素姓乱雑
記事作成者: 素姓乱雑
Address:富山県南砺市城端

コメント2件

コメントはまだありません

むく  

ハナミズキ

新緑の季節到来にもっとも心躍る思いの湧くハナミズキ。
紅葉も奇麗ですね。
町に、村にと、いまや日本の景色によく溶け込んだ花樹のひとつに。
町では山法師よりアメリカ花水木の花のほうが親しまれているかも、と思ったりします。
  新しい町の息吹に花水木/む

2020年05月09日 (土) 08:27
素姓乱雑

素姓乱雑  

コメントありがとうございます。

> 新緑の季節到来にもっとも心躍る思いの湧くハナミズキ。
> 紅葉も奇麗ですね。
> 町に、村にと、いまや日本の景色によく溶け込んだ花樹のひとつに。
> 町では山法師よりアメリカ花水木の花のほうが親しまれているかも、と思ったりします。

 この季節になると方々でハナミズキが植わっていると知ります。色づいているのは花ではなく総苞片だからか、鮮やかな日々が長く続き印象に残ります。見ていただけたかはわかりませんが、リンクを貼った実の付いた風景も一興
です。

>   新しい町の息吹に花水木/む

   親しみをあちらこちらに花水木/そ

2020年05月09日 (土) 20:51