嘘だまり

サンシュユ

2020年03月22日
自然・風景 0

鮮やか
鮮やかに立ち木を染めし
サンシュユ

南砺市福光法林寺にて 素姓乱雑

三寒四温の日々が続き、マンサク、ウメに続いてサンシュユが咲いた。

春には白色や黄色の花が多い。調べてみれば、昆虫の種類にもよるが黄色と白色に反応しやすいという。

意外なのは、私たちは黄色や白い花を楽しんでいるが、昆虫には淡い青色にしか見えないだろうということ。昆虫たちは色を楽しむことができないようです。


SC_5652.jpg
Ranzou 2020/03/14
 

サンシュユはウメやマンサクとともに花開いて春を告げる。

SC_5642.jpg
Ranzou 2020/03/14
 

名前の由来は漢名の山茱萸(さんしゅゆ)を音読みした。

SC_5628.jpg
Ranzou 2020/03/14
 

サンシュユはミズキ目ミズキ科、別名ハルコガネバナ(春黄金花)

SC_5655.jpg
Ranzou 2020/03/14
 
関連記事
素姓乱雑
この記事を書いた人: 素姓乱雑
Address:富山県南砺市城端

コメント0件

コメントはまだありません