嘘だまり

タカサゴユリ

2020年02月16日
自由詩・俳句・短歌 0

いま枯野のなかで
空き地の生い茂った雑草の中で
鉄砲ユリによく似たラッパ状の
白い筒状の花を咲かせて
目を惹いたタカサゴユリ
いま枯野のなかで背を伸ばし
かつての筒状の花だった中へ
たくさんの未来をため込んで
春風が吹くのを待ちます


吹く風に
種を飛ばせと
ユリは待つ
素姓乱雑

冬枯れの中に見えるタカサゴユリのその後

d_016.jpg
Ranzou 2020/02/02
 

たくさんの種子が見える。テッポウユリの球根植物に対し、タカサゴユリは種子でも増える

d_015.jpg
Ranzou 2020/02/02
 

テッポウユリに似たタカサゴユリは、背丈が伸びやすく、葉は細め、花の外側に紫色の線が入っている

d_017.jpg
Ranzou 2020/02/02
 

タカサゴユリは種子を風に乗せて広範囲に飛ばすことができ、明るい草原や荒地などで繫殖するほどの生命力を持つ。しかし、連作障害をする植物のため何年かすると同じ場所では自生できなくなり、いつの間にか姿を消すこともある

d_020.jpg
Ranzou 2020/02/02
 

タカサゴユリに関連する記事 「人顔模様」  タカサゴユリの花姿とクモを写しています。

関連記事
素姓乱雑
この記事を書いた人: 素姓乱雑
Address:富山県南砺市城端

コメント0件

コメントはまだありません