嘘だまり

尻拭いされてはたまらない

2019年09月20日
花・植物 0

昔、紙が大変貴重だった時代、便所にトイレットペーパーなどありません。どうしたかといえば、草の葉などを使用したようです。
 私の小さい頃、フキやヨシナなど、収穫した後の残った葉を便所で使った記憶があります。
 ママコノシリヌグイの葉の裏側には細かい棘がたくさん生えていますので、知らずにお尻を拭えば大変なことになります

南砺市城端にて 素姓乱雑

ママコノシリヌグイ
タデ科イヌタデ属の1年草。トゲソバの別名がある。 和名は、この草の棘だらけの茎や葉から、憎い継子の尻をこの草で拭くという想像から来ている。韓国では「嫁の尻拭き草」と呼ばれる。漢名は刺蓼(シリョウ) ウィキペディアより
内容に関連する記事
 ママコノシリヌグイ

 

こんなに可愛い花なのに

SC_5058.jpg/ママコノシリヌグイ
Ranzou 09/15/2019
 

茎に鋭い棘が見える

SC_5069.jpg/ママコノシリヌグイ
Ranzou 09/15/2019
 

花言葉は「変わらぬ愛情」

SC_5073.jpg/ママコノシリヌグイ
Ranzou 09/15/2019
  * ヨシナ 別名、ミズナ、ミズなど地方によって呼び名が変わります。植物名ウワバミソウ
関連記事
素姓乱雑
この記事を書いた人: 素姓乱雑
Address:富山県南砺市城端

コメント0件

コメントはまだありません