嘘だまり

壮大な御母衣ダム

2019年08月05日
自然・風景 0
荘川桜を過ぎてしばらく行くと、御母衣ダムえん堤が見えてくる。
内容に関連する記事
天地に祈る  臼中ダムについての記事です
 

壮大な御母衣湖の風景
かっては174世帯・230戸があり、約1,200人が住んでいたという。

SC_4559.jpg/壮大な御母衣湖
Ranzou 07/27/2019
 

御母衣ダムの概要を示す案内板

SC_4543.jpg/御母衣ダムの概要
Ranzou 07/27/2019
 

重力式コンクリートダムと違って、なだらかに石を積み上げたえん堤は高さを感じさせない

SC_4551.jpg/御母衣ダムの外観(下流側)
Ranzou 07/27/2019
 
SC_4561.jpg/御母衣ダムの外観(上流側)
Ranzou 07/27/2019
 

ダムから下流を眺める ダムができるまでは上流に、このような風景で家々が点在し、人々が生活を営んでいたのだろうか。

SC_4546.jpg/下流の景色を眺める
Ranzou 07/27/2019
 

上から見た時は高さを感じさせなかったが、ダムを降りて見上げれば、たくさんの石を積み上げたダムの高さが実感できる。

SC_4567.jpg/ダムの全容を見る
Ranzou 07/27/2019
 
関連記事
素姓乱雑
この記事を書いた人: 素姓乱雑
Address:富山県南砺市城端

コメント0件

コメントはまだありません