嘘だまり

ツマグロヒョウモン(2)

2019年07月10日
生き物 0

ツマグロヒョウモン
季節は違えど毎年同じ場所で見かけるようになり、この地域にほぼ定着したのだろう。ウィキペディア(Wikipedia)には、
「成虫は平地の草原や庭・空き地や道端など身近なところで見られる。地域にもよるが、成虫は4月頃から11月頃まで見られ、その間に4、5回発生する。他のヒョウモンチョウ類がほとんど年1回しか発生しないのに対し、多化性という点でも例外的な種類である。冬は幼虫や蛹で越冬する」とある。


内容に関連する記事
陽だまりの蝶(ツマグロヒョウモン)
ツマグロヒョウモン(1)
 

ヤナギハナガサに止まり、吸蜜するツマグロヒョウモン 南砺市城端にて 素姓乱雑

ツマグロヒョウモンのオスSC_4385.jpg
Ranzou 06/30/2019
 
ツマグロヒョウモンのオスSC_4389.jpg
Ranzou 06/30/2019
 
ツマグロヒョウモンのオスSC_4387.jpg
Ranzou 06/30/2019
 
ツマグロヒョウモンのオスSC_4378.jpg
Ranzou 06/30/2019
 
関連記事
素姓乱雑
この記事を書いた人: 素姓乱雑
Address:富山県南砺市城端

コメント0件

コメントはまだありません