嘘だまり

記念樹の実(アウチ)

2019年01月22日
自然・風景 0

記念樹の実(アウチ)
 昭和20年4月から2611月までの6年8か月間、板画家棟方志功は旧福光町(現南砺市福光)に疎開していた。
   その疎開時代に制作した作品を中心に展示してあるのが、昭和57年5月に設立した、棟方志功記念館「愛染苑」
 記念館の庭には、棟方志功没後十年を記念して植えられたアウチ(栴檀)があり、たくさんの実をつけている。

アウチ樹に思い重ねる棟方の
実り多きや彫し数々
南砺市福光 棟方志功記念館・愛染苑(あいぜんえん)にて
素姓乱雑
  棟方志功記念館「愛染苑」
〒939ー1654
富山県南砺市福光1026番地4号
☎0763-52-5815
午前9時から午後5時まで開館
休館は火曜日(祝祭日は開館)及び年末年始
 

一本の木にたくさんの実が見える

栴檀の実SC_2914.jpg
Ranzou 01/14/2019
 

アウチは栴檀の古名。花が咲いた時の「淡い藤」からアフチとも呼ぶ

記念樹の由来書きがありました

栴檀の実SC_2918.jpg
Ranzou 01/14/2019
 
栴檀の実SC_2909.jpg
Ranzou 01/14/2019
 
栴檀の実SC_2915.jpg
Ranzou 01/14/2019
 
関連記事
素姓乱雑
記事作成者: 素姓乱雑
Address:富山県南砺市城端

コメント0件

コメントはまだありません