ユズリハの実

ユズリハの
 ユズリハのは山ぶどうに似ておいしそうに見えるが、ユズリハアルカロイドを含む毒性があり、中毒を起こすので食べることはできないという。
 ユズリハは春になって枝先に若葉が出たあとで、前年の葉が若葉に譲るように落葉する。その様子がユズリハの名の由来になった。
 親は子を育て老いては子に家督を譲ることで世代交代が絶えることなく続くことから、ユズリハは縁起物とされ、正月の飾りや庭木に用いられる。 


 高瀬遺跡とは
平安時代初期の荘園に設けられた役所の遺構。昭和47年(1972年)古代荘園跡としてわが国初の国指定の史跡となった。


南砺市高瀬遺跡にて
素姓乱雑


ユズリハの実SC_2723.jpg
山ぶどうに似た黒いが見える
Ranzou 12/23/2018


ユズリハの実SC_2688.jpg
アルカロイドを含むので実は食べられない
Ranzou 12/23/2018


ユズリハの実SC_2719.jpg
Ranzou 12/23/2018


ユズリハの実SC_2718.jpg
ユズリハの木姿(南砺市高瀬遺跡にて)
Ranzou 12/23/2018

関連記事
素姓乱雑
Posted by素姓乱雑

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply