嘘だまり

ススキの穂

2018年12月05日
自然・風景 0

ススキの穂

 1202日は風もなく暖かい日だった。

 12月に入るとしぐれる日が多いので、この日のような晴天は貴重で本当にうれしい。

 私の地方では、「山に三度雪が降り、銀杏の葉が散れば初雪がある」と言う。
 小雪に入って山の頂に初積雪があり銀杏の葉もほとんど散ったので、山にもう一~二度雪を見れば、我々の住んでいる所でも初雪を見ることになるだろう。

 今年はススキの穂がきれいだ。

 きわだつ木枯らしは無く、何よりも暖かいからだろうが、変色はなく姿勢も良い。


  
南砺市・蓑谷にて
素姓乱雑
 

ススキの穂が暖かい光りを浴びていた

ススキの穂SC_2544.jpg
Ranzou 2018.12.02
 
ススキの穂SC_2552.jpg
Ranzou 2018.12.02
 
ススキの穂SC_2553.jpg
Ranzou 2018.12.02
 
関連記事
素姓乱雑
この記事を書いた人: 素姓乱雑
Address:富山県南砺市城端

コメント0件

コメントはまだありません