嘘だまり

庄川峡(過去からいまへ)

庄川峡長崎大橋


村人の

願い架けたる

大橋を

渡る喜び

かいにあふれる 
素姓乱雑



 利賀大橋の吊り橋を見て以後、私がふたたび小牧ダムから国道156号線を遡った時には、すでに長崎大橋の姿が見えた。なので完成時の村民の喜ぶ姿は見ていないが、浮かんだ情景を短歌に綴ってみた。
 長崎大橋は国道156号線と庄川対岸の北原・長崎地区を結ぶ赤色のアーチ式の橋。完成は「昭和46年(1971年)」とあるので、利賀大橋の吊り橋が通行禁止になった翌年にあたる。
 水を湛えた湖上の橋を車で渡っていただければ分かると思うが橋幅4メートルというのは狭く感じる。視界が開けたからといって、馴れていない私は景色を眺める余裕などなかった。
 この橋は林業経営や森林管理など、森林の有効利用を目的として建設され、当時、林道橋の規模としては日本一を誇ったという。

長崎大橋
主塔跡からさらに遡ると長崎大橋が見えてくる
Ranzou 2018.08.26


長崎大橋と新大橋
長崎大橋の後方に見えるのは新たに建設中の大橋
Ranzou 2018.08.26
関連記事
素姓乱雑
Posted by素姓乱雑

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply