この道はどこへ

いまではこのような砂利も珍しくなりました 2018.07.15撮影


このはどこへ

暑夏に憩いのひとときを
木陰がにのびています


生い茂った草の間から
さわやかな風が届きます


足元にある砂利の感触が
地に立つ実感を伝えます


このはどこへ伸びる
遠く過ぎた日々の思い出
関連記事
素姓乱雑
Posted by素姓乱雑

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply