嘘だまり

翼果(よくか)

2018年06月05日
自由詩・俳句・短歌 0
翼果
鳥のようには飛べないけれど
新天地を求めて
飛び立つ翼は与えられた
いまは雌伏のとき
やがて実が熟せば
開拓者の先駆けとなって
風に乗って飛んで行け

緑の葉の間から見える楓の翼果

SC_0974.jpg
SC_0965.jpg
SC_0961.jpg
SC_0953.jpg
SC_0960.jpg
   

翼果(よくか)とは
それぞれの子房から生じて対となった翼が翅になり、風の力で種子を遠くへ運ぶことができる(6月2日南砺市高瀬にて)

 
関連記事

コメント0件

コメントはまだありません