嘘だまり

井波瑞泉寺

2017年07月30日
井波瑞泉寺

加賀一向一揆を地侍の若者の目線で
生き生きと描いた……(読売新聞より)、作家北方謙三氏の小説『魂の沃野』の一舞台となる瑞泉寺を訪れてみた。
真宗大谷派井波別院瑞泉寺(ずいせんじ)は富山県南砺市井波にある真宗大谷派の寺院。かっては、北陸地方の浄土真宗信仰の中心として多くの信者を集めた。戦国時代には越中一向一揆の拠点となり、その後、佐々成政の軍勢に攻められ、焼き払われて、一時、南砺市北野(旧、城端町北野)に移った後、再び井波の地に戻る。今は平和裏に、穏やかなたたずまいを見せる。


瑞泉寺大門(山門)を右側から見た

https://blog-imgs-114-origin.fc2.com/u/s/o/usodamari/SC_0319.jpg
Sosei Ranzou
 

寺域の前面に堅牢な石垣が見える
この石垣、史跡に指定されていない所を見ると、一揆とは無縁の構築物だろうか。寺域の右手境界には崩れたままの石垣が見えた。


瑞泉寺前面に立ちはだかる石垣

https://blog-imgs-114-origin.fc2.com/u/s/o/usodamari/SC_0316.jpg
Sosei Ranzou
 

現在の本堂は
明治18年(1885年)に再建されたものという。木造建築の寺院としては、北陸でも有数の建物。井波大工の棟梁松井角平恒広を中心に、多くの大工、彫刻師が完成させたと記されている。


山門から本堂を望む

https://blog-imgs-114-origin.fc2.com/u/s/o/usodamari/SC_0282.jpg
Sosei Ranzou
 

太子堂は
大正7年(1918年)、井波の建築、彫刻、塗師の優れた技を集め、再建された。棟梁は松井角平恒信で、大工34人が建築にあたり、7年がかりの大工事だったと記されている。後小松天皇(1377~1433)より拝領したと伝えられる聖徳太子の二歳像を安置、他に、絹本着色の八幅の太子絵伝が有り、7月21~29日頃の太子伝会には開扉と絵解き説法を行う。幼少の頃一度訪れた太子伝会は、略して”たしてん”と言い、それはそれはにぎやかなものだった。


山門をくぐって左側に太子堂を見る

https://blog-imgs-114-origin.fc2.com/u/s/o/usodamari/SC_0280.jpg
Sosei Ranzou
 

山門から見た全景 (左側が太子堂、正面が本堂)

https://blog-imgs-114-origin.fc2.com/u/s/o/usodamari/SC_0283.jpg
Sosei Ranzou
 

真宗大谷派 井波別院瑞泉寺HP
寺内に入るときは拝観料が必要です一般300円、中学生200円、小学生100円


関連記事