嘘だまり

ヤマボウシの花

ヤマボウシの花

ヤマボウシの花 花車くる輪ま 回せとばかり ヤマボウシ南砺市井ノ口にて 素姓乱雑ヤマボウシは、ハナミズキと同じミズキ属。似ているところは多いが、北アメリカ原産のハナミズキに対し、ヤマボウシは九州・本州などの山地に自生する樹木季節になれば四枚の花(総苞片)を広げ、花・果実・紅葉と三通り楽しめるという。 Ranzou 2020/05/19 Ranzou 2020/05/19 Ranzou 2020/05/19 Ranzou 2020/05/19 R...

0
斑入りオオベニウツギ

斑入りオオベニウツギ

オオベニウツギ オオベニの 花に見ゆる ふた心 南砺市井ノ口にて 素姓乱雑オオベニウツギの花色は咲き始めのピンクから白に変化するので木全体で見ると二色咲きのように見える。 葉はライム色の斑入り。タニウツギは日本が原産地で、本州の日本海側の谷などに自生するが、オオベニウツギの原産地は中国。 Ranzou 2020/05/19 花が終わっても斑入りの葉を楽しむことができる。Ranzou 2020/05/19 ピンクと白の花が...

0
華やかなタニウツギ

華やかなタニウツギ

タニウツギ 早乙女と ともに咲きたる タニウツギ 南砺市大鋸屋にて 素姓乱雑田植えの頃にあちこちで花を咲かせるタニウツギは、苗植えの早乙女と同じように華やぎを見せる。 タニウツギの花の色は早乙女の帯の緋の色と比ぶべくもないが、豊穣を予感させる明るい色であることに変わりはない。今回、タニウツギの写真を撮る目的で散策したが、山肌を染める藤を始めとして初夏の風景を楽しむことができた。 Ranzou 2020/05/17...

2
ミズキが描く景色

ミズキが描く景色

ミズキが描く景色 緑間を白くたなびくミズキ花 南砺市大鋸屋にて 素姓乱雑ミズキは沢地に生える。 幹から階段状に伸びる枝は水平に広がるので、「テーブル・ツリー」とも呼ばれる。 そのミズキがたなびくように白い花を咲かせれば、周りのみずみずしい緑と相まって、沢地に初夏の景色が浮かび上がる。Ranzou 2020/05/17 Ranzou 2020/05/17 Ranzou 2020/05/17 Ranzou 2020/05/17 Ranzou 2020/05/17&n...

0
見上げれば(桐の花)

見上げれば(桐の花)

見上げれば 見上げれば 桐の梢に 花と種 南砺市大鋸屋にて 素姓乱雑 清々しい風が吹き抜けていきます。いつの間にか5月も後半、日の経つのは早い。 幸いにして、町内に新型コロナの二次感染者は出ていない。このまま無事に収まれば、「あの騒ぎは何だったのでしょうね」と、風化してくれるだろう。 コロナ除け 効き目狙いの 森も林り浴あゆみ 素姓乱雑 Ranzou 2020/05/17 名前の由来の一つとして、枝を切...

2
白房の花(ニセアカシア)

白房の花(ニセアカシア)

白房の花 アカシアの 真白き花は房なに 無垢を見る 南砺市大鋸屋にて 素姓乱雑山ぶちの道を歩いていると高い木から下がった白い房が見える。藤の花を見たすぐ後であり、しかも房の形が藤に似ているので戸惑ったが、調べてニセアカシアと知った。 それにしても幸運な日だ。山肌を染める藤を眺め、山中の緑間に、咲きかけとは言えアカシアの花を見るとは。石原裕次郎のヒット曲「赤いハンカチ」で歌われるアカシアの花はニセア...

0