嘘だまり

見納めの八重桜

見納めの八重桜

八重桜熟れ咲きも 見る人なきて 侘び桜 南砺市高瀬遺跡にて 素姓乱雑八重桜も華やかな姿を愛でてくれる人が見られないまま、見納めの時が来たようです。この桜を見た後で、バカバカしい「閑話休題第二話」にお付き合い願います。 Ranzou 2020/04/25 Ranzou 2020/04/25 Ranzou 2020/04/25 Ranzou 2020/04/25 閑話休題第二話アの守「大黒屋、昨日、ソチと話した魔ま巣す苦くの内容が洩れたか、素姓乱...

2
イロハカエデの小さな春

イロハカエデの小さな春

イロハカエデ 気付かねば 通り過ぎたる 花カエデ南砺市高瀬遺跡にて 素姓乱雑咲いていると言われなければ、気付かずに通り過ぎてしまう花カエデ秋には翼果(よくか)を結ぶイロハカエデに小さな春が訪れました。 Ranzou 2020/04/25 Ranzou 2020/04/25 Ranzou 2020/04/25 Ranzou 2020/04/16 Ranzou 2020/04/16 ...

0
まぶし気な桃の花

まぶし気な桃の花

まぶし気な桃の花陽を浴びた桃の花がまぶしく見えます。眺めれば花びらの一つ一つから桃色の息吹が感じられるような…。 南砺市高瀬遺跡にて 素姓乱雑 Ranzou 2020/04/14 Ranzou 2020/04/14 Ranzou 2020/04/14 Ranzou 2020/04/14 Ranzou 2020/04/14 Ranzou 2020/04/14 ...

0
見飽きぬソメイヨシノ

見飽きぬソメイヨシノ

桜散る 桜花はな散るを 今日けふは惜しげに 見上げたる 南砺市高瀬遺跡にて 素姓乱雑ソメイヨシノの淡い色合いは、寒い冬が去り過ごしやすくなった春によく似合う。 咲いている時が短いだけに尚更、愛おしい。見飽きぬと言っていいだろう。今回は花を惜しんで散る前の姿を載せた。やはり長く咲けばいいというものではない。惜しまれるうちが花だ Ranzou 2020/04/14 日は早々と過ぎて花と葉が同時に見えるRanzou 20...

0
鈴蘭水仙の花が咲いた

鈴蘭水仙の花が咲いた

春忙し  足早に 花を咲かせて 春忙せわし 南砺市城端にて 素姓乱雑鈴蘭水仙(スノーフレーク)の花が咲いている。このすがすがしいお花を見た後で、バカバカしい閑話休題にお付き合い願います。 Ranzou 2020/04/11 Ranzou 2020/04/11 花の中を見てみた。Ranzou 2020/04/11 英語で言うスノーフレークとは「雪の結晶」とか「ひとかけらの雪」といった意味。Ranzou 2020/04/11 閑話休題アの守「大...

0
柴木蓮の向こうに

柴木蓮の向こうに

春咲きて  春咲きて どれを撮ろうか 迷いけり 南砺市城端にて 素姓乱雑 柴木蓮の向こうに椿が見える。椿の花が咲けば農作業に勤しむ農家の人たちの姿が見られるようになります。 椿に関連する記事 展示された椿や海外種の椿などを載せています。 Ranzou 2020/04/05 反対側に回って、柴木蓮を背景に。Ranzou 2020/04/05 Ranzou 2020/04/05 ...

0