嘘だまり

鮮やか色のボケ

鮮やか色のボケ

木瓜 濡れ染めし 花壱輪の 木瓜の花 南砺市城端水月公園にて 素姓乱雑自宅にもボケの木がある。挿し木で増えたものと地下の根から繁殖したもので、ともに枝はまだ細く棘が多いので、草ボケだろう。 いまが花の盛りだ。 内容に関連する記事 ボケの花(赤) ボケの花(白) Ranzou 2020/03/22   小雨降る曇り空の下で鮮やかな色がめだつ Ranzou 2020/03/22   花にひかれて来た昆虫 Ranzou 2020/03/22...

0
雨の日のハクモクレン

雨の日のハクモクレン

雨の日のハクモクレン ハクモクレンの白い花は短い盛りを過ぎたのか傷んだ跡が目立つ。 咲いて2~3日で散るというハクモクレン 追い打ちをかけるような無情の雨 滴を宿した姿はどこか淋しげで泣いているようにも見えます。 南砺市理休(城端)にて 素姓乱雑 Ranzou 2020/03/22   開花時期はわずか3日ほどと短い Ranzou 2020/03/22   Ranzou 2020/03/22   Ranzou 2020/03/22   Ranzo...

0
桜花(はな)だより

桜花(はな)だより

届いたよ 届いたよ 心ときめく 桜は花なだより 南砺市山見(井波)にて 素姓乱雑 春といえばやはり桜。今年の花だよりはいつもの年より早く届いた。南砺市山見の東洋紡屋外球技場で、桜の種類は分からないが、この地方では早咲きの桜が花を広げている。 内容に関連する記事  桜の花  桜と花嫁 朝日に照らされる桜。咲き始めて間がなく下向きの花姿が初々しい。 Ranzou 2020/03/12   咲き始めてから数...

0
サンシュユ

サンシュユ

鮮やか 鮮やかに立ち木を染めし サンシュユ 南砺市福光法林寺にて 素姓乱雑 三寒四温の日々が続き、マンサク、ウメに続いてサンシュユが咲いた。 春には白色や黄色の花が多い。調べてみれば、昆虫の種類にもよるが黄色と白色に反応しやすいという。 意外なのは、私たちは黄色や白い花を楽しんでいるが、昆虫には淡い青色にしか見えないだろうということ。昆虫たちは色を楽しむことができないようです。 Ranzou 2020/0...

0
フキノトウ

フキノトウ

食われぬ フキノトウ 食うに食われぬ 薹が立ち 自宅地にて 素姓乱雑 自宅空き地にいつの間にか根付いて数年、刈り取らずそのままにしてあるので、以来少しづつ増え、種子を付けたタンポポのような白い綿毛を飛ばす姿を毎年見られる。いま根付いた蕗も同じように、どこからか風に乗って今の地に降り立ったのだろうと思ふ。 内容に関連する記事 フキノトウ フキノトウは雌雄異花。このフキは雌花で結実すると、タンポポの...

0
梅の花

梅の花

苔むした幹と花 とき重ね 苔むしたるや 幹肌に いまだ老いぬと 花飾りたる 南砺市福光法林寺にて 素姓乱雑 地名は正しく云ふと「南砺市法林寺」この地に光徳寺という寺がある。光徳寺には第一八代住職と親交のあった棟方志功の最高傑作といわれる襖絵「華厳松」が残されているほか、棟方が胴面に直接絵付けして、彫金師が彫金したという梵鐘が見られるなど、棟方との親交の深さをうかがうことができる。また、この地には...

0