嘘だまり

赤と白の見える風景

赤と白の見える風景

お休みします九月最後の日となりました。 十月からはしばらく休養しようと思っていますので今日の記事にて一区切りとさせていただきます。皆様にはご訪問頂きありがとうございました。そのような訳で、おめでたく紅白で記事をまとめてみました。彼岸花とニラの花です。 気まぐれな性格ですから、またいつの日か突然に再開するかもしれません素姓乱雑 内容に関連する記事彼岸花(2016)彼岸花(2018)   彼岸を過ぎたのにいつ...

0
ソバの花が咲いた

ソバの花が咲いた

ソバの花が咲いた この写真を撮った時はきれいな立ち姿をしていましたが、23日の台風でほとんどのソバが、無残にもなぎ倒されて伏してしまいました。あまりにも残念な姿を見て掲載をためらいましたが、どうか立ち直って欲しいとの願いを込めて掲載することにしました   Ranzou 09/16/2019  Ranzou 09/16/2019  Ranzou 09/16/2019 ...

0
コムラサキシキブ

コムラサキシキブ

内容に関連する記事 コムラサキ シロミノコムラサキコムラサキの花  紫色の実が目を惹く。Ranzou 09/16/2019  Ranzou 09/16/2019  まだ初々しい紫色ですRanzou 09/16/2019 ...

0
秋の風物詩トンボ

秋の風物詩トンボ

秋の風物詩トンボトンボは素早く飛び回り害虫を捕食し、また前にしか進まず退かないところから、「不退転(退くに転ぜず、決して退却をしない)」の精神を表すものとして「勝ち虫」とも呼ばれたとか。トンボの世界も少子化なのか、群をなして飛ぶ姿は過去のものとなった。南砺市城端にて 素姓乱雑  内容に関連する記事ハグロトンボ赤とんぼ(アキアカネ)   Ranzou 09/16/2019  Ranzou 09/16/2019 ...

0
尻拭いされてはたまらない

尻拭いされてはたまらない

昔、紙が大変貴重だった時代、便所にトイレットペーパーなどありません。どうしたかといえば、草の葉などを使用したようです。 私の小さい頃、フキやヨシナなど、収穫した後の残った葉を便所で使った記憶があります。 ママコノシリヌグイの葉の裏側には細かい棘がたくさん生えていますので、知らずにお尻を拭えば大変なことになります南砺市城端にて 素姓乱雑 ママコノシリヌグイタデ科イヌタデ属の1年草。トゲソバの別名があ...

0
萩の花と蛾

萩の花と蛾

萩の名前の由来について「生はえ木」が変化してハギとなったという説がある。(生え木とは冬枯れした古い株から春になって生えた新しい芽)  秋の七草の一つである萩が咲くにつれて夕暮れは早まり、日没後の冷え込みが強まって朝夕に置く露は多くなる。 南砺市城端にて 素姓乱雑 萩の花がたくさん咲いています Ranzou 09/08/2019  Ranzou 09/08/2019   蛾が吸蜜に来たようです(イチモンジセセリ) Ranzou 09/...

2