嘘だまり

NO IMAGE

不思議な店 -その7-

撮影方法は今も変わらないが、撮影者は先に被写体が何かを選んで設定した後、ファインダーを覗き写したいものがカメラの指定した枠内に納まっているかを確認、シャッターを押す。それだけで撮影が済むようになった。同時に、小型で軽量・安価になったカメラはそれまでの、「持っているのは、ごく一部の限られた人達」といった印象を拭い去った。人々は撮影を楽しむため、どこへでも手軽にカメラを持ち歩くようになった。 当時、持...

0
過ぎ行く桜の贈り物 (2)

過ぎ行く桜の贈り物 (2)

過ぎ行く桜の贈り物 池面の波が桜や新緑の色を使い 池のキャンバスに気ままな グラデーションを描き 池面に群れる小鳥たちが 穏やかなひと時を演出します 過ぎ行く桜よありがとう この贈り物を 大切にしたい この贈り物が 次の年も続きますように 池面が鏡のように輝いています Ranzou 04/21/2018  夕暮れ前の穏やかなひと時Ranzou 04/21/2018  Ranzou 04/21/2018  ねぐらへでも帰るのでしょうか...

0
過ぎ行く桜の贈り物 (1)

過ぎ行く桜の贈り物 (1)

赤祖父溜池池面が咲いている桜を映し出して華やか。夕暮れが迫る前のほんのひと時   桜の色が池面に映えてなんとも華やか Ranzou 04/21/2018  桜の色が映える中を泳ぐ鳥たち Ranzou 04/21/2018  釣りを終えて家路につくのだろうか Ranzou 04/21/2018  撮影場所・富山県南砺市井口、赤祖父溜池  ...

0
NO IMAGE

不思議な店 -その6-

部屋に入ったときは気が付かなかったが背後の壁に作り付けの小さな棚が有り一台のカメラが置いてある。気配の正体はどうやらそのカメラで、生き物のような艶めかしさで翔司の気を惹いた。 それにしても魅力のあるカメラ。翔司は肖造に好みの機種を聞かれたが、棚に置かれたカメラはまさに翔司が欲しいと答えた機種。翔司は肖造が再び顔を見せるまで触れないつもりでいたが、気を惹くカメラと相思相愛に落ち入ったようになり、いつ...

0
過ぎ行く桜の季節

過ぎ行く桜の季節

最奥部の池畔にて今年最後の桜の花を楽しむ人たちRanzou 04/14/2018  過ぎ行く桜の季節 湖面に姿を映す桜も 花が散り始め 緑が濃くなるなかで 子供たちの賑やかな声が 聞こえるようになりました 岸にて陽を浴びるボートも 大活躍する日が間近です 池畔は桜の季節が過ぎ、新緑の季節を迎える 5枚組   撮影場所・富山県南砺市桜ヶ池(04/14/2018)...

0
NO IMAGE

不思議な店 -その5-

肖造の姿勢が「決めた」から「請う」に転じた。「今さらですが、あなたはこの写真集をとても気に入っていただけた」「ええ、実にすばらしい写真集ですね」「そして……、お金なんかで行き先を左右されるものかと、自ら発行元や価格表を外してしまうほど気ぐらいの高い写真集があなたに好意を持った。今までに無く珍しいこと」「……」 「今まで気に入った持ち主が見つからないために我々をずいぶんと振り回した写真集ですが、大事にし...

0