嘘だまり

椿の花(4)

椿の花(4)

椿まつり3月19日~20日に行われた「南砺いのくち椿まつり」で展示された椿の花を数回に亘り載せましたが、今回は追記でも載せました。「続き」も併せてご覧ください  貴婦人のような美しさです         ...

それぞれの母(4)

それぞれの母(4)

翔一の母 突然響いた乳児の泣き声が、翔一の脳裏に描く、「小母さん」の姿をかき消す。 この家に似つかわしくない泣き声に驚いて辺りを見回せば、すでに夕闇が迫っている。止みそうにない泣き声に急かされた翔一は急いで部屋の窓を閉めて階下に降りた。泣き声が聞こえる畳敷きの薄暗い部屋を覗くと、見知らぬ乳児を抱いた翔一の母がおぼろげに見えてくる。「どうしたの、その子」 乳児の母親がいないと気がつき、たずねながら明...

椿の花(3)

椿の花(3)

椿まつり「南砺いのくち椿まつり」が3月19日~20日に井口カイニョと椿の森公園「いのくち椿館」などで開かれ、その時に展示された椿の花その(3) 花蕾が少しづつ開いてきました          落花の手前でしょうが、どこかたくましさを感じさせます  いのくち椿館 富山県南砺市(旧井口村)に椿の研究と保存を目的として2005年3月開館 〒939-1879 富山県南砺市井口宮後 188...

それぞれの母(3)

それぞれの母(3)

小雪の母   外はすでに薄暗く、玄関の明かりが翔一のいる所まで届かないのか、二人はまったく翔一の存在に気付いていない。小母さんはすでに泣き顔で、カバンの中から取り出した封筒を困惑する小雪に押しつけたが、小雪は受取ろうとしなかった。 「それなら……」 涙声の小母さんが、「これだけは」と、小雪の手の平に小さな赤いものを乗せた。  翔一が近づくことさえ拒むような雰囲気の二人。翔一の知らない小母さんと小雪のつ...

椿の花(2)

椿の花(2)

椿まつり「南砺いのくち椿まつり」が3月19日~20日に井口カイニョと椿の森公園「いのくち椿館」を拠点にして開かれました。その時に展示された椿の花その(2)       いのくち椿館 富山県南砺市(旧井口村)に椿の研究と保存を目的として2005年3月開館 〒939-1879 富山県南砺市井口宮後 188...

それぞれの母(2)

それぞれの母(2)

小雪の母  その日、翔一は誘われた友達と遊びに夢中になり、気がついた時には校庭にある時計の針が、小雪と決めていた位置よりも大きく進んでいた。翔一はあわてて待ち合わせの場所に行こうとしたが、小雪も翔一を探していたようで、約束の場所から離れた校庭の隅に姿が見える。「姉ちゃん!」 人声が飛び交う広い校庭を挟んで呼びかけても声は届きそうにない。翔一は大勢がいる校庭を回り込んで小雪に駆け寄ろうとした。ところ...