嘘だまり

日本酒のあれこれ

日本酒のあれこれ

「ずいぶんと冷え込むようになってきたね」「この寒さになると……」「熱燗でキュッと一杯、と言いたいんだろう、のん兵衛さん」「ただ飲んだくれているだけじゃないよ。これでも日本酒をこよなく愛し、味わいながら飲んでいるんだ」「とか何とか、うまいことを言って」「だったら日本酒のあれこれを話すから。まずは日本酒のできるまでだ」 日本酒のできるまで行程おおまかな作業内容精米雑味の元となるコメの外側部分をこそぎ落と...

がんじがらめ

がんじがらめ

がんじがらめ 縄やひもなどを、上下左右から幾重にもまき絡める。束縛が多くて自由な行動がまったくとれない。雁が一文字に列をなして飛ぶ様子は整然としているが、列を乱すことができないように見えたことから。 狸の怪宴「おいおい、国民を消費税値上げなどで雁字搦めにしておきながら、税金を『桜を見る会』に使っただろう」 「済んだ話を蒸し返すなよ。うまくはぐらかしたんだから。それよりも今宵は月見の宴だ、お友だちを...

0
くたびれる

くたびれる

くたびれる疲れる。古くみすぼらしい。朽ちる。漢字で草臥れるとも書く。草臥は四書五経の一つ「詩経」の「草臥水渡=草に臥し、水を渡る」より、大変、しんどい、こと。また、クタは朽ちる、ビルはその状態を指す。今年一年年齢とともに仕事がきつくしんどくなったので、完全週休2日制の会社を求めようと平成最後の日に、それまで勤めていた会社を辞めたのは良かったのだけど、何を思い違いしたのか、令和になって勤めた会社は前...

2
お年玉

お年玉

お正月の三が日が過ぎようとしています。子供たちはお年玉をたくさんいただいたと思いますが、「お年玉」とは新年のお祝いの贈り物、かってはお金ではなく箸や扇、袋物などの品物だったようです。「お年玉」は「御年に賜る」から転じたもので、目上の者が目下の者に贈る場合を指し、目下の者が目上の者に贈る場合はお年賀(御年賀)といいます。昨今は年齢に応じた相場があるようで、「御年に賜る」からは程遠い仕来りとなりました...

0
柏手

柏手

柏手かしわでと読む。神社・神棚など神に拝する際の行為。手偏で拍手。似ていますね。そう、同じなのです。字が似ているから混同したのです。現在、神社などで拝する場合は「柏手」、公演などで感動を表現する場合は「拍手」としていますが、神社の作法をなどを表記する場合は、「二礼二拍手一礼」とするように、「拍」を用いる。柏手の由来として、「古くは食物を柏の葉などの木の葉に盛り付けていて、供応・酒宴などで柏手を打っ...

2
牛耳る

牛耳る

牛耳る”ぎゅうじる”と読む。支配すること。使用例として、「あの政治家は国権の最高機関を牛耳っている」など。中国の故事が由来。古代中国(春秋時代)、王侯諸侯から盟主(リーダーシップをとる中心人物)を選び盟約を結ぶとき、まず盟主が牛の耳を切り取って血をすすり、諸侯も順に血を舐めた。そうすることによって盟主に対して忠節を誓ったという。盟主の「耳を切る(執る)」が転じて”ぎゅうじる”となった。前回「自分の身は...

0