嘘だまり

出会い -その1-

出会い -その1-

 地上をあまねく照らす太陽は時として、思いがけないものまで光を当てて蘇えらせることがあります。 今も、窓から伸びた光は翔司の部屋に漂う薄暗さと冬の残滓を一掃、柔らかく暖かい春の色で染めあげたあと、翔司が枕もとに置いたカメラと写真集に光を集め、凍てついた過去を蘇えらせようとするのです。- 出会い- 昨晩、写真集を見ながらカメラにいろんな思いを寄せて夜更かしをした翔司は、日曜となる今朝、さしたる予定もな...

出会い -その2-

出会い -その2-

 軽やかな動きを一瞬に閉じ込めたような、しなやかな姿のカエデに魅せられて歩み寄り、触れた幹から溢れ出た人肌に似た温もりが翔司の心を捉える。 幹の温もりに、ふと人恋しさを覚えた翔司はささやき声を耳にする。声に誘われてカエデの後方に目を遣れば雑木の間に枝道が見えた。時としてこの辺りを散歩道としている翔司は枝道を知りつくしたつもりでいたが、辺りを覆うように茂った雑木に隠されて今まで気が付かなかったようだ...

0
出会い -その3-

出会い -その3-

 枝道に入ってそれほど遠くまで来ていないと思ったが、深い山の中へ分け入ったように、絶えずに聞こえた生活音や車の騒音などが途絶え、辺りは雑木が多いにかかわらず葉擦れの音や小鳥のさえずりなどが聞こえてこない。音をたてることが憚られるほど静か。「ドクッ、ドクッ」 森閑とした中で翔司の鼓動がやけに大きく響く。あたり一面を覆った薄暗がりと静かさに押し潰されそうで、息苦しくなった翔司は一人でいるのが不安になり...

0
出会い -その4-

出会い -その4-

 もはや、翔司の心臓は制動装置が壊れた機械のように激しい収縮を繰り返し、肺は引きも切らずに新たな空気を求める。それらの機能が追い付かなくなると頭痛を引き起こし、意識は朦朧となった。心臓はもとより体全体が悲鳴を上げていて逃げ切れるものではない。しだいに、諦めが翔司を支配する。 走り続けることができなくて立ち止まった翔司は荒い息を整えるために、膝にあてた手で折り曲げた上体を支え、恐る恐る振り返れば……、...

0
出会い -その5-

出会い -その5-

 それでも何度か試みるうちにようやく像が定まり、シャッターを押したその時、陽が陰る。思わず空を見上げた翔司は全身を光に貫かれ、辺りが歪んだような奇妙な感覚に襲われた。「しょうちゃんいけないわよ、お爺さんの大切なカメラを、そんなところに置いては」「ごめんなさい」 優しくたしなめる女性の声と幼い声。「ねぇお母さん、お爺さんは今どこにいるの?」「ほんに、どこへ出かけられたのでしょう。でもすぐにお帰りにな...

0