嘘だまり

井波瑞泉寺

井波瑞泉寺

加賀一向一揆を地侍の若者の目線で生き生きと描いた……(読売新聞より)、作家北方謙三氏の小説『魂の沃野』の一舞台となる瑞泉寺を訪れてみた。 真宗大谷派井波別院瑞泉寺(ずいせんじ)は富山県南砺市井波にある真宗大谷派の寺院。かっては、北陸地方の浄土真宗信仰の中心として多くの信者を集めた。戦国時代には越中一向一揆の拠点となり、その後、佐々成政の軍勢に攻められ、焼き払われて、一時、南砺市北野(旧、城端町北野)...

井波瑞泉寺山門

井波瑞泉寺山門

今回の参観は瑞泉寺の山門(大門)までである。山門をくぐった寺域の内は載せてないが、詳しくは真宗大谷派 井波別院瑞泉寺HPで見ることが出来る。山門(大門)の前に由緒書きが見える。 瑞泉寺山門(大門)の由緒書きSosei Ranzou   由緒書きの中ほどに「山門の各所には数々のすぐれた彫刻や文様が施されている」とあるように、彫刻・文様の数が多い。写真では少々分かりづらいが、本堂を望む柱の両脇・梁に施された彫刻・...

山門の飾り彫刻・八仙

山門の飾り彫刻・八仙

瑞泉寺山門の中で由緒書きに述べてある「中国民間伝承に登場する八人の仙人(八仙)が彫られた蟇股(蟇股前面の飾り彫刻)」を見る。 八仙は道教の仙人のなかでも代表的な存在であり、中華社会のいかなる階層の人にも受け入れられて信仰は厚い。ただ、日本での八仙といえば中国のものと違い、物語性を重視した人物、及び、内容へと変化している。日本における七福神のように *   蟇股(かえるまた) 上部の梁の荷重を...

瑞泉寺門前八日町通り

瑞泉寺門前八日町通り

三回にわたり「井波瑞泉寺 」「井波瑞泉寺山門 」「山門の飾り彫刻・八仙 」などを見てきたが、今回は寺域を離れ門前の様子を見ることにした。 門前の八日町通りから瑞泉寺を望む 背後に山を擁し、前面に石垣を附して要害の地とした瑞泉寺の権勢が知れよう。また石垣の高さに加えて、町通りと山門入口をずらすことにより、瑞泉寺の威容を直接に見えなくしている。実際に訪れてみれば分かると思うが、石垣を越え、寺域に入って初...