嘘だまり

雨が止んで

雨が止んで

昨夜から降り続いた雨がようやく止んだ Sosei Ranzou  日差しを浴びた苔の緑色が目にまぶしい Sosei Ranzou  苔の上の「まあるい水滴」は雨の名残り Sosei Ranzou  雨が止んだ後の晴れ間のひと時です Sosei Ranzou ...

0
雪解け水を集めて

雪解け水を集めて

春の川は雪解け水を集めて水量は多く流れは速い Sosei Ranzou  春の訪れを待ちかねたように水が騒いでいます Sosei Ranzou  こちらでも水が跳ねています Sosei Ranzou  まるで春祭りが始まったようなにぎやかさです Sosei Ranzou ...

井波瑞泉寺山門

井波瑞泉寺山門

今回の参観は瑞泉寺の山門(大門)までである。山門をくぐった寺域の内は載せてないが、詳しくは真宗大谷派 井波別院瑞泉寺HPで見ることが出来る。山門(大門)の前に由緒書きが見える。 瑞泉寺山門(大門)の由緒書きSosei Ranzou   由緒書きの中ほどに「山門の各所には数々のすぐれた彫刻や文様が施されている」とあるように、彫刻・文様の数が多い。写真では少々分かりづらいが、本堂を望む柱の両脇・梁に施された彫刻・...

雪解けの季節

雪解けの季節

気温が上がって滑り落ちた屋根雪Ranzou 02/25/2018  屋根から落ちたままで凍ってしまったRanzou 02/25/2018  今年は寒くて大雪の年だった 今日から3月、雪解けの季節。土が顔を出したところに一番先に花を咲かせるのは、ルリ色の花びらをしたオオイヌフグリでしょうか。うっかりすると踏み潰してしまうほど小さな花ですが、今年はまだ見ていない。 2017-02-26撮影 この花を見れば春が来たと感じます。  暖...

4
早春の池畔にて

早春の池畔にて

悠久の風に吹かれてみませんか 雪解けの一滴として生まれ 集つどって海へもどる 急がなくてもいい 寄り道をしてもいいのです 天に昇って雲の一片となるのも 地の奥深く滲み入るのもいい 池を湛たたえる一滴となって 水面みなもを吹き渡る悠久の風に 身を躍らせるのもいい あなたも たくさんの一滴が集ったこの池畔で 悠久の風に吹かれてみませんか   Ranzou 03/10/2018  県道292号線を進む丘...

0
水が通る橋の風景

水が通る橋の風景

田を潤す水が流れてゆきますRanzou 04/28/2018  二年の歳月を経ても変わらぬ流れRanzou 05/05/2016  水の確保に悩んだ先人たちの苦労がしのばれますRanzou 05/05/2016  撮影場所 南砺市井波閑乗寺道沿い...

0
天地に祈る

天地に祈る

天地に祈る ダム湖を見下ろす台地に立つ鳥居とりい 前に佇めど社やしろは見えず ただ一陣の風がくぐり抜ける かってこの地に 平穏な暮らしが有りました 学び舎では子供たちの声が響き 民たちは喜びや悲しみを織り成し 鳥居をくぐり社に向かいて 日々の平穏を祈った 時は過ぎゆきて 聚落は湖底に眠り いまは学び舎の跡地を示す碑と 鳥居が虚しく残る 鳥居の前で拝礼すれば 壮大な社が見えた 臼中をいだく社は天と地...

0
庄川峡(主塔跡と遊覧船)

庄川峡(主塔跡と遊覧船)

主塔跡と遊覧船 今は無き 湖上を渡る 道跡を 偲ばせながら 船はくぐりつ 素姓乱雑 Ranzou 08/26/2018  5枚の写真を順次に表示 秘湯大牧温泉から戻り、利賀大橋主塔跡を通り過ぎる遊覧船(撮影日2018年8月26日)    ...

0
庄川峡(過去からいまへ)

庄川峡(過去からいまへ)

庄川峡長崎大橋 村人の 願い架けたる 大橋を 渡る喜び 峡かいにあふれる  素姓乱雑 Ranzou 08/26/2018  利賀大橋の吊り橋を見て以後、私がふたたび小牧ダムから国道156号線を遡った時には、すでに長崎大橋の姿が見えた。なので完成時の村民の喜ぶ姿は見ていないが、浮かんだ情景を短歌に綴ってみた。  長崎大橋は国道156号線と庄川対岸の北原・長崎地区を結ぶ赤色のアーチ式の橋。完成は「昭和46年(197...

0
庄川峡(未来へつなぐ橋)

庄川峡(未来へつなぐ橋)

未来へつなぐ橋 夢つなぐ 未来の橋に あやかりて 君への想い 虹と架けたし 素姓乱雑  Ranzou 08/26/2018  早いもので長崎大橋が完成してから47年が過ぎた。 今回、国道156号線を遡れば、長崎大橋の向こうに建設中の橋梁が見える。  橋梁は利賀ダム工事用道路として、また一般国道471号線利賀バイパスとして使用予定で、このほど名称も「利賀大橋」と決まり、平成 30年度秋に完成する予定。庄川峡長...

0
遠山家の添水唐臼

遠山家の添水唐臼

添水唐臼そうずからうすとは、懸け樋などで水を引いて竹筒に注ぎ入れ、一杯になると重みで反転して水を吐き、軽くなって元に戻る仕掛けを利用して、穀物をつくようにしたもの。遠山家の裏手にその仕掛け小屋がありました。 この日は台風6号の接近、岐阜県の天候は雨と予想されていたので、降りが強くならないうちに帰宅した。素姓乱雑 カメラを固定しなかったのできれいな動きにならない。Ranzou 07/27/2019  旧遠山家民...

0