嘘だまり

春を結ぶ木

春を結ぶ木

ツバキ展示品より(5枚組) 春を結ぶ木 春を結ぶ木に花が咲きました 鮮やかに咲いて野を彩ります 春風に揺れて香りを運びます 誘われて 野山の草花も咲き始めました 桜花が間近になって 農家は育苗の準備にいそしむ 内容に関連する記事椿の花(1)   椿の花(2)   椿の花(3)    椿の花(4)   椿の花(海外種)   Ranzou 03/24/2018  「南砺いのくち椿まつり」...

0
ツバキが咲いた

ツバキが咲いた

Ranzou 03/24/2018  我が国原産の花木・ツバキは「古事記」「万葉集」の時代から、江戸期の隆盛を経て現代まで、日本人の生活、文化と深くかかわってきた植物です。欧米にはツバキは原生していませんが、江戸期以来日本から紹介されたツバキを交配して作出された園芸品種は数多くあり、ツバキは日本が世界に誇る銘花です。 一般社団法人日本ツバキ協会(入会案内より) ツバキ展示品より(南砺市井ノ口・3月24日) ...

0
さくらが咲いたよ

さくらが咲いたよ

さくらが咲いたよ 今年も会えたね あなたの姿を見れば いい季節が来たねと こころ浮き立つ でもあなたは駆け足 萌え出る季節に向い ひらひらと散りばむ 淋しさと切なさを残して 今年の開花は遅いかと思ったが一気に咲き始めたRanzou 03/30/2018  Ranzou 03/30/2018  きれいに咲いた桜の姿 5枚組(南砺市井波・3月30日)  ...

0
桜・雪柳・満天星

桜・雪柳・満天星

今年の桜は一気に咲き、散るのも早いRanzou 04/09/2018  のんびりしたいね まるで競争だ 気温は冬と初夏を 行ったり来たり 桜が咲いたと思ったら 花吹雪を見るまえに 春嵐が蹴散らして 散った花びらさえ残さない 早くも雪柳と満天星に 交代するんだ 少しはのんびりしたいね 桜は散りかけているが雪柳・満天星が次々と咲いています。5枚組(南砺市井波・4月9日) &...

0
過ぎ行く桜の季節

過ぎ行く桜の季節

最奥部の池畔にて今年最後の桜の花を楽しむ人たちRanzou 04/14/2018  過ぎ行く桜の季節 湖面に姿を映す桜も 花が散り始め 緑が濃くなるなかで 子供たちの賑やかな声が 聞こえるようになりました 岸にて陽を浴びるボートも 大活躍する日が間近です 池畔は桜の季節が過ぎ、新緑の季節を迎える 5枚組   撮影場所・富山県南砺市桜ヶ池(04/14/2018)...

0
藤の色で染める

藤の色で染める

藤の色で染める 山のすそ野も 緑が濃くなりました 木々の間から見える そよ風に揺れる房が 山のすそ野の あちらこちららを 藤の紫色で染めます 藤の花があちこちで咲き山のすそ野を彩りますRanzou 05/03/2018  今年は花房の数が多くて目を惹くが、樹木への影響が心配Ranzou 05/03/2018  撮影場所・富山県南砺市井口、赤祖父溜池 5枚組(5月03日撮影)  ...

0
ヤマボウシが咲いた

ヤマボウシが咲いた

ヤマボウシが咲いた 鮮やかな緑の葉のあいだに 白い蝶が群れているような ヤマボウシの花が目立ちます 雨に濡れた総苞片そうほうへんの きわだつ白さが 梅雨のおとずれが近いことを それとなく知らせます 白い総苞片が目を惹く(5枚組)     先端の尖った花のような総苞片を4枚広げるヤマボウシ。その中心に黄緑色の小さな花が球状に集合しています。球状の花を坊主頭に...

0
タニウツギは縁起が良くない?

タニウツギは縁起が良くない?

縁起が良くない?永田町一丁目の嘘だまりに 空木ウツギが生い茂ったようです 刈り取っても次から次へと 偽の花を咲かせますが 虚となった空木に 真実はあるのでしょうか 縁起が良くないという空木で 永田町が藪にならないように ご用心なさいませ タニウツギにお客様がお見えですRanzou 05/20/2018  田植えの時期に咲くことから、別名「タウエバナ」ともいうRanzou 05/20/2018  緑が濃くなる中でタニウツギ...

0
いたずらな風

いたずらな風

いたずらな風 新緑の野山は 深緑しんりょくへと変わります 初夏を思わせる日差しを たっぷり浴びて 勢いよくのびた野草は 思いきり葉を広げます ちょっと撮らせてくださいな いたずらな風がそよいで 落ち着いてくれません カメラを向ければいたずらな風が葉を揺らします(5月20日城端ダムにて)    ...

0
翼果(よくか)

翼果(よくか)

翼果 鳥のようには飛べないけれど 新天地を求めて 飛び立つ翼は与えられた いまは雌伏のとき やがて実が熟せば 開拓者の先駆けとなって 風に乗って飛んで行け 緑の葉の間から見える楓の翼果     翼果(よくか)とはそれぞれの子房から生じて対となった翼が翅になり、風の力で種子を遠くへ運ぶことができる(6月2日南砺市高瀬にて)  ...

0
墜栗花(ついり)

墜栗花(ついり)

墜栗花(ついり)または栗花落(ついり) とも表記 入梅の意味で、栗の花が落ちる頃、梅雨に入るということから、栗の花を梅雨入りの目安としたようですが、合わせたように梅雨入りの発表があちこちでありました。この栗の花が咲けば、しばらくは独特の匂いに悩まされます。   雄花である白い穂を枝元までたどってゆくと雌花が見えるRanzou 06/04/2018  この写真は2015/06/14 南砺市北野で撮影したものです   ...

0
雨待ち花

雨待ち花

梅雨入り間近となればアジサイの花が目立ちます。まだ色の浅い花びらが滴を受けてどのような色に染めてゆくのでしょう。うっとうしい梅雨に彩を添えてくれる花です。(北陸地方も6月11日梅雨に入りました)   ひと雨ごとに色が濃くなりますRanzou 06/09/2018  長雨が続く前のほんのひと時Ranzou 06/09/2018  撮ったときはまだ梅雨に入っていなかったので色に深みが足りない 5枚組(2018年6月9日南砺市井波...

0